ダイエットには納豆とキムチ!痩せ菌を増やす食べ物とは・・・

ダイエットを成功させるためには食べ物に気を遣うことはとても大切です。好きなものばかり食べていては決して痩せません。体を動かすことが好きな人は体を動かすだけでダイエットをしていると感じてしまいますが、健康的に痩せるためには食事ブラス運動が重要となってきます。効率良く痩せるためには痩せ菌と呼ばれる善玉菌を増やすことがいいでしょう。

痩せ菌を増やすのであれば効率よい方法で摂取したいですよね。そんな人におすすめな方法があります。まず腸内環境を良くしてくれると言われるヨーグルトですが、普通に食べるよりより効果を発揮してくれる方法があります。それはヨーグルトを寝る1時間前に摂取することです。寝る前に?とビックリしますよね。実は寝る1時間前は腸内が活発になっている時間なのです。この時間に腸内にヨーグルトに含まれるビフィズス菌や乳酸菌を届けておくことで腸の働きがさらにアップして消化、吸収が早くなるのです。そして余分な脂肪がたまりにくくなるのです。どうせ摂取するのであればより効率の良い時間に摂取したいですね。

そして納豆もいいでしょう。納豆が苦手という人も多いですよね。しかし納豆には大豆オリゴ糖と呼ばれる成分が含まれており、食べれば食べる程腸内の痩せ菌が増殖していくんです。さらにデブ菌である悪玉菌の繁殖を抑える働きもあるため納豆は積極的に摂取しておきたいものです。

納豆をさらに効果的に摂取するには卵やネギと一緒に食べるのがいいでしょう。ネギには硫化アリルというコレステロールを減らしてくれる成分が含まれています。そして卵にはビタミンB2などダイエットに良い成分がたっぷりです。

キムチにも乳酸菌がたくさん含まれています。キムチと納豆を一緒に食べるとさらに効果的です。さらにキムチにはカプサイシンという脂肪を燃焼し代謝をアップさせる成分を含まれています。両方一緒に摂取することでより高いダイエット効果が期待できるため両方好きという人はぜひ一緒に摂取してくださいね。

納豆が苦手、ヨーグルトが苦手という人には乳酸菌のサプリメントや納豆の成分が含まれたサプリメントも販売されています。特に納豆体に良い食べ物ですが、臭いや食感が独特であり食べたいけど食べれないという人も多いですよね。とても体にいいものなので自分に合った方法で摂取するといいでしょう。あなたも乳酸菌パワー、納豆パワーで上手にダイエットしていきましょう。