便をチェック!便秘じゃないけど食物繊維が足りていないかもしれない!

腸内環境を良くしてくれると言われる食物繊維。でも実際自分が食べている食べ物の栄養をしっかりチェックしている人って少ないですよね。また外食中心の人ならなおさらです。1日に必要な量の食物繊維をクリアするのってそう簡単ではないのです。1日に必要な食物繊維は男性では20g、女性では18gですが、このこの量を摂取しようと思うと毎日キャベツを丸々1個食べないと摂取できません。また特に便秘じゃない人は食物繊維不足じゃないと思っていて人も多いはず。しかし実際は足りていない可能性もあるのです。

食物繊維不足かどうかは便の状態をチェックするといいでしょう。毎日または2日に1回程度排便があれば便秘ではありませんが、便秘ではないからといって食物繊維が足りているという訳ではないのです。例えば下痢や柔らかい便の場合消化不良、水分や油分の取り過ぎが考えられます。そして太くて短い状態、コロコロとした状態の場合食物繊維不足が考えられます。良い状態の便は半粘りのあるバナナのような便なのです。臭くなく、色が黄色から黄色かかった茶褐色がベストな状態です。

単に食物繊維といっても2種類あるのを知っていますか?食物繊維には水溶性と不溶性のものがあります。主に水溶性は海藻類やフルーツ類であり、不溶性は殻類や野菜、豆類などがあげられます。水溶性の食物繊維は善玉菌のエサとなり、余分なコレステロールを吸収して体の外へと排出してくれます。不溶性食物繊維は腸を刺激して便意を促す働きがあります。食感がある食べ物が多く良く噛んで食べることが必要なので食べ過ぎを予防できます。腸内環境には水溶性ですが、どちらかの食物繊維に偏らない方がいいでしょう。割合的には水溶性1に対して不溶性2の割合で取るのがベストな状態です。

ダイエットにおける痩せ菌を増やしたいのであれば水溶性の食物繊維を積極的に摂取するのがおすすめです。ゴボウやキノコ、オクラや海藻、山芋、アボガドや納豆がいいでしょう。毎日同じものを食べるのは大変ですが、水溶性の食物繊維はたくさんあるので上手に料理すれば無理なく痩せ菌を増やしてダイエットの手助けが可能です。

ダイエットの手助けをしてくれる痩せ菌はたくさんの野菜に含まれており、料理が得意な人であれば毎日摂取することが可能です。大食いの人が太っていない理由に腸内環境が整っているという理由があげられます。痩せ菌と聞くとそんな菌あるの?と疑ってしまいますが、まずは腸内環境を整えてみるとその効果をすぐ実感することが出来るでしょう。

食物繊維が豊富!食前の酢キャベツでダイエットに効果あり!

痩せ菌を増やしてダイエットを効率よくしたいと考えている人はキャベツの存在を忘れてはいけません。なかなかキャベツの栄養について注目を集めることはありませんが、実はキャベツには痩せ菌を増やす働きがあるんです。キャベツには食物繊維が豊富に含まれておりダイエットに効果的なんです。しかしキャベツをたくさん食べようと思ってもかさばって食べにくく少量しか食べれません。キャベツをダイエットに取り入れる場合は加熱しているものではなく生のものの方がいいと言われています。加熱してしまうとビタミンCも破壊されてしまうため生のキャベツがベストです。

そんなにキャベツばかり食べれないという人は酢キャベツがおすすめです。作り方はとても簡単でキャベツ半分を千切りにしてジプロックに入れます。塩小さじ2を入れてキャベツをしんなりさせます。キャベツがしんなりしてきたらお酢200mlを加え半日ほど冷蔵庫で寝かせたら完成です。

食事の前に100g程食べると効果的です。そもそも酢キャベツがなぜダイエットに効果的かというと食物繊維が豊富なのはもちろん、食事の前に酢キャベツを食べることで満腹中枢が刺激されます。酢キャベツはしっかり噛んで食べるものです。そのため満腹中枢が刺激され必然的に食べる量が減少します。また酢にはダイエットに効果的なクエン酸、アルギニンが含まれています。クエン酸には糖質を分解してエネルギーに変えてくれる働き、アルギニンには脂肪を燃焼する働きがるのです。

酢キャベツはキャベツを食べやすくしてくれますし、さらに痩せ菌を増やしてくれるのでダイエットに効果的です。酢キャベツはとても簡単なのでぜひ作ってみてくださいね。もし毎日酢キャベツを食べることに飽きたら応用してみるのもいいでしょう。お味噌汁に入れてみたり、チャーハンに混ぜてみるという方法もいいでしょう。ハンバーグの種に入れるのもいいですね。加熱しない方がいいと言われていますが、すっぱいのが苦手な人は軽く加熱することで酸味を飛ばすことが出来ます。

そして酢キャベツは朝、昼、晩と取り入れるのがベストですが、毎食取り入れるのが難しい人は夜に取り入れるのがいいでしょう。酢キャベツは2週間程冷蔵庫で保存が可能なので大量に作って保存しておくといいですね。

ダイエットに効果のある痩せ菌を増やしてくれる酢キャベツ。簡単に作ることが出来るので痩せたい、腸内環境を良くしたいと思っている人はぜひ作ってみてくださいね。

ダイエットには納豆とキムチ!痩せ菌を増やす食べ物とは・・・

ダイエットを成功させるためには食べ物に気を遣うことはとても大切です。好きなものばかり食べていては決して痩せません。体を動かすことが好きな人は体を動かすだけでダイエットをしていると感じてしまいますが、健康的に痩せるためには食事ブラス運動が重要となってきます。効率良く痩せるためには痩せ菌と呼ばれる善玉菌を増やすことがいいでしょう。

痩せ菌を増やすのであれば効率よい方法で摂取したいですよね。そんな人におすすめな方法があります。まず腸内環境を良くしてくれると言われるヨーグルトですが、普通に食べるよりより効果を発揮してくれる方法があります。それはヨーグルトを寝る1時間前に摂取することです。寝る前に?とビックリしますよね。実は寝る1時間前は腸内が活発になっている時間なのです。この時間に腸内にヨーグルトに含まれるビフィズス菌や乳酸菌を届けておくことで腸の働きがさらにアップして消化、吸収が早くなるのです。そして余分な脂肪がたまりにくくなるのです。どうせ摂取するのであればより効率の良い時間に摂取したいですね。

そして納豆もいいでしょう。納豆が苦手という人も多いですよね。しかし納豆には大豆オリゴ糖と呼ばれる成分が含まれており、食べれば食べる程腸内の痩せ菌が増殖していくんです。さらにデブ菌である悪玉菌の繁殖を抑える働きもあるため納豆は積極的に摂取しておきたいものです。

納豆をさらに効果的に摂取するには卵やネギと一緒に食べるのがいいでしょう。ネギには硫化アリルというコレステロールを減らしてくれる成分が含まれています。そして卵にはビタミンB2などダイエットに良い成分がたっぷりです。

キムチにも乳酸菌がたくさん含まれています。キムチと納豆を一緒に食べるとさらに効果的です。さらにキムチにはカプサイシンという脂肪を燃焼し代謝をアップさせる成分を含まれています。両方一緒に摂取することでより高いダイエット効果が期待できるため両方好きという人はぜひ一緒に摂取してくださいね。

納豆が苦手、ヨーグルトが苦手という人には乳酸菌のサプリメントや納豆の成分が含まれたサプリメントも販売されています。特に納豆体に良い食べ物ですが、臭いや食感が独特であり食べたいけど食べれないという人も多いですよね。とても体にいいものなので自分に合った方法で摂取するといいでしょう。あなたも乳酸菌パワー、納豆パワーで上手にダイエットしていきましょう。

あなたの体はデブ菌優位?まずは知ることから始めましょう!

ダイエットを成功させるためにはデブ菌を減らし痩せ菌を増やすことが大切です。ダイエットを始める際、やみくもに食べないダイエットをする人が多くいますが、健康的に体の中から痩せるためには腸内環境を良くしておくことが一番の近道です。また食べる量を減らしているのに全く痩せないなんて悩んでいる人も多いですよね。

あれもこれもためしても痩せないと悩んでいる人の中には、腸内環境がデブ菌ばかりの可能性があります。腸内環境はデブ菌4に対して痩せ菌が6であるのがベストな状態です。デブ菌にもしっかりとした働きがあるため一概にデブ菌がゼロの方がいいというものではありません。要はバランスなのです。

あなたの腸内は今痩せ菌優位な状態になっていますか?突然そう聞かれても「わからない」という人がほとんどですよね。下記に当てはまる人はデブ菌優位の状況にある可能性があるため要注意でしょう。まずは自分の腸内環境の状態を知ることから始めましょう。

ダイエットをしても痩せない、リバウンドを繰り返している人、また摂取カロリーを制限しているのに痩せない人はデブ菌が優位かもしれません。そしてストレスが溜まっている人も腸の働きが悪くなります。便秘になったり下痢になったりお腹にガスが溜まりやすくなったりします。そして原因不明の吹き出物に悩んでいる人もその可能性があります。便秘をしているとその腐敗した老廃物から有毒ガスが発生します。そしてそのガスは最後肌から排出されるのです。それにより吹き出物やニキビなどを引き起こしている可能性があるのです。また食生活でも炭水化物を多くとり、食物繊維を積極的に摂取していない人は要注意です。野菜が苦手だったり、忙しく自分で料理をしていないという人は積極的に腸内環境に良い食物繊維を摂取していない人が多い傾向にあります。そして白米が大好きという人も炭水化物を摂取しすぎていて要注意なのです。炭水化物はデブ菌の大好物なのです。ダイエットをする上で炭水化物の摂取量を減らすことは重要なのです。しかし必要なエネルギーでもあるので全く食べないというのはやめましょう。

これに当てはまるという人はデブ菌が優位にある可能性があります。ダイエットを始めるまえに食生活を見直し、デブ菌優位から痩せ菌優位にしてからダイエットを始める方がいいでしょう。むやみに過酷なダイエットを始めても成果が出る可能性は低いのです。まずは自分の体がデブ菌優位なのか痩せ菌優位なのか見極めましょう。

どうせするなら効率良く!ダイエット前の腸内環境改善は不可欠!

ダイエットをする上で効率よく痩せることは成功への近道です。ダイエットをして失敗する人の中には無理に痩せようとして極端に食べる量を減らしたり、栄養のある食べ物を食べないようにしたりと体重は減るものの体にとっては良くない方法でダイエットしてしまいがちです。しかしこれらの過激なダイエットはその時は体重が落ちたとしてもすぐにリバウンドするリスクが高く長い目で見て決して良いダイエット方法ではありません。また単に体重が落ちるだけで、健康的に痩せれるものではありません。

ダイエットは短期間で行うのではなく、半年以上かけてダイエットを行うのが理想的です。まずは腸内環境を整えながら食べ物に気を使ったり、軽く体を動かすだけでも効果が期待できます。要は毎日続けることが重要なのです。体質を変えることはとても時間がかかることですが腸内環境改善はどうでしょうか?

例えばお肌の生まれ変わりは28日周期、血液は120日で入れ替わると言われています。それに比べて腸内環境は約2日と言われており簡単に改善することが出来るのです。ただ年齢と共に腸内環境の変化はスピードが変わってくるので注意が必要です。

まずは腸内環境を良くしてからダイエットをスタートさせることが理想的といえます。腸内環境は2日で変化させることが出来る分、悪玉菌優位の環境になるのもすぐです。油断は禁物です。

そしてダイエットには腸内環境は重要ですが、セロトニンというホルモンも重要となってきます。腸内で作られるセロトニンというホルモンは痩せるホルモンともいわれています。セロトニンが十分分泌されていると心が満たされて、とたくさん食べなくても平気になります。無性に何か食べたくなったり、イライラしてお腹が空いていないのに食べてしまうという人はセロトニンが不足している可能性があるのです。腸内環境を整えることはセロトニンがしっかり分泌され食べ過ぎる心配はなくなりますし、新陳代謝が上がり、脂肪燃焼にも効果があります。ダイエットをする上で腸内環境を改善しておくことは不可欠なのです。

ダイエットはむやみに食べないダイエットをしても健康的には痩せられません。まずは腸内環境を整え、痩せやすい体を作り健康的にダイエットを進めることが大切なのです。どうせダイエットをするなら楽にキレイに痩せるのが理想的ですよね。年齢と共に痩せにくくなってくる体。上手にダイエットをしていきましょう。

 

便秘解消以外にも効果がある!腸内環境を整えるメリットとは・・・

腸内環境を整えることは体にとってとても良いことです。しかし特に便秘に苦しんでいない人は腸内環境に気を遣った食事をしている人も少ないですよね。腸内環境=便秘解消という言葉だけが有名でついつい健康に重要な腸内環境改善を甘く見てしまいがちです。腸内環境を改善させるだけでも様々なメリットがあるので知っておくといいでしょう。

まず便秘解消以外にあげられるのが免疫力のアップです。腸内環境が改善されると悪玉菌の作る有害物質で血液が汚れなくなると免疫細胞が活性化され風邪やインフルエンザなどの原因となるウイルスや細菌を素早く撃退することが出来ます。すぐ風邪を引くという人は腸内環境を見直すといいでしょう。

つぎについつい無縁と思われていますが、腸内環境を整えると美肌になります。そうなの?と驚く人も多いですよね。悪玉菌が作る有害物質に肌荒れを引き起こすフェノール類という成分があります。血液を通して皮膚にフェノール類が蓄積されるとお肌のターンオーバーが悪くなり、肌荒れやくすみや乾燥の原因となってしまうのです。腸内環境を整えることで肌荒れを改善したり、アンチエイジング効果を期待できるでしょう。

そして現代社会に多いストレスやうつ病にも効果が期待できます。ストレスは脳内の幸せホルモンと呼ばれるセロトニンを減少させてしまいます。セロトニンが減少すると心を落ち付かせることが出来なかったり、不安が大きくなったりと自律神経のバランスが乱れうつ病を引き起こしてしまいます。腸内環境が悪いと腸内環境を整えるのにセロトニンが使われてしまい、脳内に十分なセロトニンが供給されなくなってしまいます。腸内環境を整えておくことでセロトニンが腸内環境改善に使われることもなくうつ病などの発症のリスクを抑えることが出来るため、仕事などでストレスを感じている人は腸内環境を整えておくのがベストなのです。もし今うつ病やストレス強く感じている人は腸内環境改善に努めるのも大切なことです。

腸内環境を整えることは便秘解消以外にも様々なメリットをもたらしてくれます。美肌になったり免疫力がアップしたり、病気の発症を未然に防いでくれたりといいことばかりです。またダイエットにも効果が期待できるため、特に便秘ではない人でも腸内環境を整える食事をしたりサプリを飲んだりと積極的に取り組むといいでしょう。年をとっても素敵なスタイル、衰えない体作りをしていきましょう。

楽に痩せたい人必見!痩せ菌、デブ菌をしてスムーズにダイエット!

最近ダイエットをしている人に注目を集めているのが痩せ菌、デブ菌です。痩せる菌があるのならその菌たくさん欲しいなんて思いますよね。ダイエットをしようと決意してもなかなかダイエットって成功しないものです。ついつい食べ過ぎてしまったり、体を動かすのが苦手だったりとダイエットをしようと決意してもなかなか理想の体型をゲットするのは簡単ではありません。痩せる菌と聞くと胡散臭いのでは?と疑ってしまいますが、ダイエットをする上でデブ菌、痩せ菌を知らないでいるのは勿体ないですよ。

私たちの腸内には100種類以上、100兆個以上の腸内細菌が存在しています。腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分けられ、善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割の状態がベストとされています。腸内環境は善玉菌が優位の環境にしておくことが便秘解消やダイエットにはいいのです。そして痩せ菌はバクテロイズ門と呼ばれる菌の仲間で腸内では善玉菌の役割をしてくれます。腸内で善玉菌である痩せ菌を増やすことで短鎖脂肪酸を作りだし、体に吸収されていきます。吸収された短鎖脂肪酸は血液の流れによって全身に運ばれていき、脂肪を溜め込むのを抑制する働きがあるのです。今までと何ら変わらない食事をしていても太ることがなくなるというのです。これが痩せ菌です。さらにこれに加え、体温上昇や心拍数を増やしたりと基礎代謝がアップしていきます。そうなると消費カロリーも増え、ただ寝ているだけ、息をしているだけでも今までと違い、痩せやすくなるのです。人は年齢を重ねるにつれて代謝が悪くなっていきます。何もしないでいるとただ息をしているだけでも消費されるカロリーが変わってくるのです。

もちろん痩せ菌の反対デブ菌もあります。デブ菌は悪玉菌のことであり、太った人の腸内環境にはこのデブ菌が大量に存在しているのです。デブ菌は糖質の代謝が得意であり、食事で摂取した糖質からエネルギーを多く吸収してしまいます。そのため食べる量がとても少なくても太りやすくなってしまうのです。

ダイエットをする上でこの痩せ菌、デブ菌をうまく使うことはダイエットを有意義に進めるために重要なことです。無理に食べないダイエットはリバウンドをする可能性が高いですし、過酷なダイエットは長く続きませんし不健康です。あなたも腸内環境を整えて効率の良いダイエットをしていくようにしましょう。痩せ菌の効果を最大限に活かしましょう。