「腸内環境を整える方法」カテゴリーアーカイブ

便をチェック!便秘じゃないけど食物繊維が足りていないかもしれない!

腸内環境を良くしてくれると言われる食物繊維。でも実際自分が食べている食べ物の栄養をしっかりチェックしている人って少ないですよね。また外食中心の人ならなおさらです。1日に必要な量の食物繊維をクリアするのってそう簡単ではないのです。1日に必要な食物繊維は男性では20g、女性では18gですが、このこの量を摂取しようと思うと毎日キャベツを丸々1個食べないと摂取できません。また特に便秘じゃない人は食物繊維不足じゃないと思っていて人も多いはず。しかし実際は足りていない可能性もあるのです。

食物繊維不足かどうかは便の状態をチェックするといいでしょう。毎日または2日に1回程度排便があれば便秘ではありませんが、便秘ではないからといって食物繊維が足りているという訳ではないのです。例えば下痢や柔らかい便の場合消化不良、水分や油分の取り過ぎが考えられます。そして太くて短い状態、コロコロとした状態の場合食物繊維不足が考えられます。良い状態の便は半粘りのあるバナナのような便なのです。臭くなく、色が黄色から黄色かかった茶褐色がベストな状態です。

単に食物繊維といっても2種類あるのを知っていますか?食物繊維には水溶性と不溶性のものがあります。主に水溶性は海藻類やフルーツ類であり、不溶性は殻類や野菜、豆類などがあげられます。水溶性の食物繊維は善玉菌のエサとなり、余分なコレステロールを吸収して体の外へと排出してくれます。不溶性食物繊維は腸を刺激して便意を促す働きがあります。食感がある食べ物が多く良く噛んで食べることが必要なので食べ過ぎを予防できます。腸内環境には水溶性ですが、どちらかの食物繊維に偏らない方がいいでしょう。割合的には水溶性1に対して不溶性2の割合で取るのがベストな状態です。

ダイエットにおける痩せ菌を増やしたいのであれば水溶性の食物繊維を積極的に摂取するのがおすすめです。ゴボウやキノコ、オクラや海藻、山芋、アボガドや納豆がいいでしょう。毎日同じものを食べるのは大変ですが、水溶性の食物繊維はたくさんあるので上手に料理すれば無理なく痩せ菌を増やしてダイエットの手助けが可能です。

ダイエットの手助けをしてくれる痩せ菌はたくさんの野菜に含まれており、料理が得意な人であれば毎日摂取することが可能です。大食いの人が太っていない理由に腸内環境が整っているという理由があげられます。痩せ菌と聞くとそんな菌あるの?と疑ってしまいますが、まずは腸内環境を整えてみるとその効果をすぐ実感することが出来るでしょう。

食物繊維が豊富!食前の酢キャベツでダイエットに効果あり!

痩せ菌を増やしてダイエットを効率よくしたいと考えている人はキャベツの存在を忘れてはいけません。なかなかキャベツの栄養について注目を集めることはありませんが、実はキャベツには痩せ菌を増やす働きがあるんです。キャベツには食物繊維が豊富に含まれておりダイエットに効果的なんです。しかしキャベツをたくさん食べようと思ってもかさばって食べにくく少量しか食べれません。キャベツをダイエットに取り入れる場合は加熱しているものではなく生のものの方がいいと言われています。加熱してしまうとビタミンCも破壊されてしまうため生のキャベツがベストです。

そんなにキャベツばかり食べれないという人は酢キャベツがおすすめです。作り方はとても簡単でキャベツ半分を千切りにしてジプロックに入れます。塩小さじ2を入れてキャベツをしんなりさせます。キャベツがしんなりしてきたらお酢200mlを加え半日ほど冷蔵庫で寝かせたら完成です。

食事の前に100g程食べると効果的です。そもそも酢キャベツがなぜダイエットに効果的かというと食物繊維が豊富なのはもちろん、食事の前に酢キャベツを食べることで満腹中枢が刺激されます。酢キャベツはしっかり噛んで食べるものです。そのため満腹中枢が刺激され必然的に食べる量が減少します。また酢にはダイエットに効果的なクエン酸、アルギニンが含まれています。クエン酸には糖質を分解してエネルギーに変えてくれる働き、アルギニンには脂肪を燃焼する働きがるのです。

酢キャベツはキャベツを食べやすくしてくれますし、さらに痩せ菌を増やしてくれるのでダイエットに効果的です。酢キャベツはとても簡単なのでぜひ作ってみてくださいね。もし毎日酢キャベツを食べることに飽きたら応用してみるのもいいでしょう。お味噌汁に入れてみたり、チャーハンに混ぜてみるという方法もいいでしょう。ハンバーグの種に入れるのもいいですね。加熱しない方がいいと言われていますが、すっぱいのが苦手な人は軽く加熱することで酸味を飛ばすことが出来ます。

そして酢キャベツは朝、昼、晩と取り入れるのがベストですが、毎食取り入れるのが難しい人は夜に取り入れるのがいいでしょう。酢キャベツは2週間程冷蔵庫で保存が可能なので大量に作って保存しておくといいですね。

ダイエットに効果のある痩せ菌を増やしてくれる酢キャベツ。簡単に作ることが出来るので痩せたい、腸内環境を良くしたいと思っている人はぜひ作ってみてくださいね。

ダイエットには納豆とキムチ!痩せ菌を増やす食べ物とは・・・

ダイエットを成功させるためには食べ物に気を遣うことはとても大切です。好きなものばかり食べていては決して痩せません。体を動かすことが好きな人は体を動かすだけでダイエットをしていると感じてしまいますが、健康的に痩せるためには食事ブラス運動が重要となってきます。効率良く痩せるためには痩せ菌と呼ばれる善玉菌を増やすことがいいでしょう。

痩せ菌を増やすのであれば効率よい方法で摂取したいですよね。そんな人におすすめな方法があります。まず腸内環境を良くしてくれると言われるヨーグルトですが、普通に食べるよりより効果を発揮してくれる方法があります。それはヨーグルトを寝る1時間前に摂取することです。寝る前に?とビックリしますよね。実は寝る1時間前は腸内が活発になっている時間なのです。この時間に腸内にヨーグルトに含まれるビフィズス菌や乳酸菌を届けておくことで腸の働きがさらにアップして消化、吸収が早くなるのです。そして余分な脂肪がたまりにくくなるのです。どうせ摂取するのであればより効率の良い時間に摂取したいですね。

そして納豆もいいでしょう。納豆が苦手という人も多いですよね。しかし納豆には大豆オリゴ糖と呼ばれる成分が含まれており、食べれば食べる程腸内の痩せ菌が増殖していくんです。さらにデブ菌である悪玉菌の繁殖を抑える働きもあるため納豆は積極的に摂取しておきたいものです。

納豆をさらに効果的に摂取するには卵やネギと一緒に食べるのがいいでしょう。ネギには硫化アリルというコレステロールを減らしてくれる成分が含まれています。そして卵にはビタミンB2などダイエットに良い成分がたっぷりです。

キムチにも乳酸菌がたくさん含まれています。キムチと納豆を一緒に食べるとさらに効果的です。さらにキムチにはカプサイシンという脂肪を燃焼し代謝をアップさせる成分を含まれています。両方一緒に摂取することでより高いダイエット効果が期待できるため両方好きという人はぜひ一緒に摂取してくださいね。

納豆が苦手、ヨーグルトが苦手という人には乳酸菌のサプリメントや納豆の成分が含まれたサプリメントも販売されています。特に納豆体に良い食べ物ですが、臭いや食感が独特であり食べたいけど食べれないという人も多いですよね。とても体にいいものなので自分に合った方法で摂取するといいでしょう。あなたも乳酸菌パワー、納豆パワーで上手にダイエットしていきましょう。