「痩せ菌、デブ菌とは」カテゴリーアーカイブ

食物繊維が豊富!食前の酢キャベツでダイエットに効果あり!

痩せ菌を増やしてダイエットを効率よくしたいと考えている人はキャベツの存在を忘れてはいけません。なかなかキャベツの栄養について注目を集めることはありませんが、実はキャベツには痩せ菌を増やす働きがあるんです。キャベツには食物繊維が豊富に含まれておりダイエットに効果的なんです。しかしキャベツをたくさん食べようと思ってもかさばって食べにくく少量しか食べれません。キャベツをダイエットに取り入れる場合は加熱しているものではなく生のものの方がいいと言われています。加熱してしまうとビタミンCも破壊されてしまうため生のキャベツがベストです。

そんなにキャベツばかり食べれないという人は酢キャベツがおすすめです。作り方はとても簡単でキャベツ半分を千切りにしてジプロックに入れます。塩小さじ2を入れてキャベツをしんなりさせます。キャベツがしんなりしてきたらお酢200mlを加え半日ほど冷蔵庫で寝かせたら完成です。

食事の前に100g程食べると効果的です。そもそも酢キャベツがなぜダイエットに効果的かというと食物繊維が豊富なのはもちろん、食事の前に酢キャベツを食べることで満腹中枢が刺激されます。酢キャベツはしっかり噛んで食べるものです。そのため満腹中枢が刺激され必然的に食べる量が減少します。また酢にはダイエットに効果的なクエン酸、アルギニンが含まれています。クエン酸には糖質を分解してエネルギーに変えてくれる働き、アルギニンには脂肪を燃焼する働きがるのです。

酢キャベツはキャベツを食べやすくしてくれますし、さらに痩せ菌を増やしてくれるのでダイエットに効果的です。酢キャベツはとても簡単なのでぜひ作ってみてくださいね。もし毎日酢キャベツを食べることに飽きたら応用してみるのもいいでしょう。お味噌汁に入れてみたり、チャーハンに混ぜてみるという方法もいいでしょう。ハンバーグの種に入れるのもいいですね。加熱しない方がいいと言われていますが、すっぱいのが苦手な人は軽く加熱することで酸味を飛ばすことが出来ます。

そして酢キャベツは朝、昼、晩と取り入れるのがベストですが、毎食取り入れるのが難しい人は夜に取り入れるのがいいでしょう。酢キャベツは2週間程冷蔵庫で保存が可能なので大量に作って保存しておくといいですね。

ダイエットに効果のある痩せ菌を増やしてくれる酢キャベツ。簡単に作ることが出来るので痩せたい、腸内環境を良くしたいと思っている人はぜひ作ってみてくださいね。

あなたの体はデブ菌優位?まずは知ることから始めましょう!

ダイエットを成功させるためにはデブ菌を減らし痩せ菌を増やすことが大切です。ダイエットを始める際、やみくもに食べないダイエットをする人が多くいますが、健康的に体の中から痩せるためには腸内環境を良くしておくことが一番の近道です。また食べる量を減らしているのに全く痩せないなんて悩んでいる人も多いですよね。

あれもこれもためしても痩せないと悩んでいる人の中には、腸内環境がデブ菌ばかりの可能性があります。腸内環境はデブ菌4に対して痩せ菌が6であるのがベストな状態です。デブ菌にもしっかりとした働きがあるため一概にデブ菌がゼロの方がいいというものではありません。要はバランスなのです。

あなたの腸内は今痩せ菌優位な状態になっていますか?突然そう聞かれても「わからない」という人がほとんどですよね。下記に当てはまる人はデブ菌優位の状況にある可能性があるため要注意でしょう。まずは自分の腸内環境の状態を知ることから始めましょう。

ダイエットをしても痩せない、リバウンドを繰り返している人、また摂取カロリーを制限しているのに痩せない人はデブ菌が優位かもしれません。そしてストレスが溜まっている人も腸の働きが悪くなります。便秘になったり下痢になったりお腹にガスが溜まりやすくなったりします。そして原因不明の吹き出物に悩んでいる人もその可能性があります。便秘をしているとその腐敗した老廃物から有毒ガスが発生します。そしてそのガスは最後肌から排出されるのです。それにより吹き出物やニキビなどを引き起こしている可能性があるのです。また食生活でも炭水化物を多くとり、食物繊維を積極的に摂取していない人は要注意です。野菜が苦手だったり、忙しく自分で料理をしていないという人は積極的に腸内環境に良い食物繊維を摂取していない人が多い傾向にあります。そして白米が大好きという人も炭水化物を摂取しすぎていて要注意なのです。炭水化物はデブ菌の大好物なのです。ダイエットをする上で炭水化物の摂取量を減らすことは重要なのです。しかし必要なエネルギーでもあるので全く食べないというのはやめましょう。

これに当てはまるという人はデブ菌が優位にある可能性があります。ダイエットを始めるまえに食生活を見直し、デブ菌優位から痩せ菌優位にしてからダイエットを始める方がいいでしょう。むやみに過酷なダイエットを始めても成果が出る可能性は低いのです。まずは自分の体がデブ菌優位なのか痩せ菌優位なのか見極めましょう。

楽に痩せたい人必見!痩せ菌、デブ菌をしてスムーズにダイエット!

最近ダイエットをしている人に注目を集めているのが痩せ菌、デブ菌です。痩せる菌があるのならその菌たくさん欲しいなんて思いますよね。ダイエットをしようと決意してもなかなかダイエットって成功しないものです。ついつい食べ過ぎてしまったり、体を動かすのが苦手だったりとダイエットをしようと決意してもなかなか理想の体型をゲットするのは簡単ではありません。痩せる菌と聞くと胡散臭いのでは?と疑ってしまいますが、ダイエットをする上でデブ菌、痩せ菌を知らないでいるのは勿体ないですよ。

私たちの腸内には100種類以上、100兆個以上の腸内細菌が存在しています。腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分けられ、善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割の状態がベストとされています。腸内環境は善玉菌が優位の環境にしておくことが便秘解消やダイエットにはいいのです。そして痩せ菌はバクテロイズ門と呼ばれる菌の仲間で腸内では善玉菌の役割をしてくれます。腸内で善玉菌である痩せ菌を増やすことで短鎖脂肪酸を作りだし、体に吸収されていきます。吸収された短鎖脂肪酸は血液の流れによって全身に運ばれていき、脂肪を溜め込むのを抑制する働きがあるのです。今までと何ら変わらない食事をしていても太ることがなくなるというのです。これが痩せ菌です。さらにこれに加え、体温上昇や心拍数を増やしたりと基礎代謝がアップしていきます。そうなると消費カロリーも増え、ただ寝ているだけ、息をしているだけでも今までと違い、痩せやすくなるのです。人は年齢を重ねるにつれて代謝が悪くなっていきます。何もしないでいるとただ息をしているだけでも消費されるカロリーが変わってくるのです。

もちろん痩せ菌の反対デブ菌もあります。デブ菌は悪玉菌のことであり、太った人の腸内環境にはこのデブ菌が大量に存在しているのです。デブ菌は糖質の代謝が得意であり、食事で摂取した糖質からエネルギーを多く吸収してしまいます。そのため食べる量がとても少なくても太りやすくなってしまうのです。

ダイエットをする上でこの痩せ菌、デブ菌をうまく使うことはダイエットを有意義に進めるために重要なことです。無理に食べないダイエットはリバウンドをする可能性が高いですし、過酷なダイエットは長く続きませんし不健康です。あなたも腸内環境を整えて効率の良いダイエットをしていくようにしましょう。痩せ菌の効果を最大限に活かしましょう。